バイアクラで素敵なシニアライフ!ジェネリックにも注目のED治療薬

バイアグラの作用と服用方法

アメリカで1998年に誕生し世界で初めてEDを治療出来る薬として登場したバイアグラとは、正式な販売が国内で認められる様になってのは1999年になり一時期は夢の薬とまで謳われ、その時代の中高年層の方に圧倒的な指示を受け多くのEDに悩む男性の方の勃起に役立てられてきました。
本剤は、バルデナフィル塩酸塩という成分を用いている水と一緒に経口投与する薬になり、この本成分は本来、狭心症の治療薬の為に開発されていましたが、第一回目の臨床試験において効果効能としてEDの治癒が発見された事で転用され現在に至り、最近では若年性も増加傾向にある事から成人から70を過ぎた方まで幅の広い年齢層の方々が治療の為に服用を行っています。
また本症は、勃起を抑制してしまうあるいは射精に至ってから解消する働きを持つPDE-5という酵素が原因によって発症する病気になり、本剤を投与する事で原因物質が陰茎内で優位性を示さない様に働きを阻害する事で分解されてしまう血管を拡張する物質であるcGMPが優位に働き形成を助ける事で陰茎に硬度を与えまた性交中にそれを持続させる事が出来る様になります。
稀にED治療薬の作用の中に興奮する作用やリビドーを向上させる作用があると思っている方がいますが、あくまでも血流量増加の為の血管拡張作用のみの働きとなるので、あくまでも勃起を起こす為には性的な欲求や衝動はもちろんの事、刺激や興奮を必要とします。
投与には幾つかの決まりがあり、聞き始めまでに要する時間が約30~60分程になるので行為一時間前位の時間で服用を行い、またアルコール等と一緒の服用は上記の効果を発揮しない事があり、他にも空腹時の服用が十分な効き目を発揮させるには必要な事になり成分の吸収を高める事にも繋がるので、食事の摂取後から2時間以上経過した時点での服用が必要になります。
食事に関しては現在、バイアグラの他にも二種類のED治療薬が登場していますが、同様に空腹での服用を必要とするので服用する日の食生活は管理しなければなりません。