バイアクラで素敵なシニアライフ!ジェネリックにも注目のED治療薬

色々あった薬

ED治療薬であるバイアクラとは1998年に登場し、世界的にも多くの男性の方が歓喜し今まで治療を困難としていたEDを改善出来る作用を持つ薬として「夢の薬」とまで言われ、米国で開発された薬ではありますが国内での発売を待たずに輸入して投与を行う男性の方もいました。

当時は国内外を問わず、多くEDに悩む方が投与を希望するED治療薬となりましたが国内では個人輸入により投与した高齢者の死亡例等もあり、医師から指導を受けないままに併用を禁じられているニトログリセリン等の硝酸剤との併用により血圧の急激な低下を起こし心停止を起こし死に至る事がありました。

他に二剤登場していますが、現在でも心血管系に障害を持つかの有無の確認は投与前の確認として重要な事になります。

国内では医師からの処方が始まったのは1999年であり、一年前に起こった死亡事故に基づき処方箋が必要な薬としまた併用禁止薬の併用による副作用死の観点から本来であれば数年かかる承認を一年で行い、米国の臨床試験データに基づき行い国内では試験を行わないでの承認となりました。

バイアクラの成分シルデナフィルは用途の異なる薬剤にも用いられている成分になり、レバチオという商標で肺動脈性の高血圧症の治療薬としての処方も行われており、こちらは保険適応治療となるもののED治療薬としての用途で本剤処方を行う際には保険の適応の無い治療となり自費での治療を必要とし、用途により保険の有無が決定されます。

その為、一錠当たりの薬価が高く基準が未収載となるので成分含有50mgの規格で1500円前後し投与希望をするものの高い治療費に苦しむのでコピー商品である印度製のジェネリックに切り替える方もおり、当時は特許の権利が附随する薬の為、安価に内服する事が出来ませんでしたが2014年までに物質・用途の特許が切れた事で承認されたジェネリックを国内で購入する事が可能になった為、今では個人での輸入に頼る必要も無く内服出来る薬剤となりました。

先発薬であるバイアグラと比べ、ジェネリックは薬価を抑え低所得者の方でも簡単に手にすることができ、医療費抑制にも貢献することになります。